アサメシヤ

庭師の目線で見る世界

バンコクで1ヶ月半生活したら快適過ぎた

タイ語の勉強のために1ヶ月半バンコク暮らしをしました。ご飯がうまくて物価も安いバンコクでの生活は超がつくほど快適でした。


バンコク生活がどれほど快適なのかご紹介していきます。


快適バンコク生活

メシがウマすぎる

僕が一番バンコクが快適だと思う理由はご飯のおいしさです。タイ料理というのは周辺のアジアの国と比べて飛びぬけて美味いです。


ナンプラーなどの発酵調味料などは味に深みがあって日本人の舌にもあっています。


料理の種類も多く毎食違うものを食べても1ヶ月では食べきれません。

f:id:asameshiya:20190630114950j:plain
カオマンガイ 夜の屋台だから写真暗いです

f:id:asameshiya:20190630114945j:plain
ソムタム 辛いのが苦手な人はマイアオペッ(辛くしないで)って言いましょう

タイ料理だけでなく各国の料理が楽しめるのもバンコクのいいところです。日本食はもちろん、中華、洋食、インド、韓国、イスラムなどたくさんの国から人が集まるので料理の種類も多く、どこも中心街にまとまっているのでアクセスも便利です。


正直食べられないものなどないといってもいいのではないでしょうか。


物価の安さ

物価の安さも魅力です。タイの中でもバンコクは物価は高い方ですが、それでも日本とは比べ物になりません。


コンドミニアムが安いところで5万円ほどであるようです。僕は10万円ほどのコンドミニアムに泊まりましたが、広くてキレイ、食器などもついています。2人でも泊まれるところなのでシェアすれば5万円でいけますね。


コンドミニアムが決まるまではゲストハウスにいましたが、ドミトリーで500円くらいで泊まれるところもありました。


安すぎて心配になりますが、キレイで共有スペースも広く共有のキッチンもついています。場所はプロンポン駅の近くで立地も最高です。

モンキーナップ ホステル (MonkeyNap Hostel)|クチコミあり - バンコク


食事もローカルの食堂や屋台で食べれば150円から300円くらいで食べられます。


1000円を超えるような食事なら豪華な食事が食べられます。



交通費もBTSやMRTという電車は安いうえに本数も多いので便利です。タクシーも市内であれば300円~500円ほどでいけると思います。


バスは30円ほどの驚異的な安さですが正直使いにくいです。


人のやさしさ

人が優しいというのはポイント高いです。観光地であり大都会なのに人が擦れている感じが少ないです。


ぼったくりもほとんどありません。(全くないわけではないので注意は怠らないように)


人に対するストレスをほとんど感じないだけでかなりの暮らしやすさだと思います。


南国のおおらかさ

良い意味でも悪い意味でもありますが、南国特有の大らかさや時間間隔が流れています。


仕事中にご飯を食べたり、おしゃべりしたり、化粧をしたり、昼寝したり、、


僕はこの自由な感じが好きです。なんでもかんでもきっちりする必要ないと思えるので、人間楽しく生きるのが一番ですね。


悪いところ

良いことだらけのバンコクも悪いところはあるので紹介します。


暑い

当たり前ですが暑いです。タイというだけでも暑いのに都会の熱も加わって夏の暑さは耐えがたいものがあります。


日差しも強力なので日焼け対策が必要です。僕はしていませんが。


空気が悪い

車が多いので排気ガスで空気が悪いです。また最近ではPM2.5も問題になっています。


5月から10月の雨季にはだいぶましになります。


渋滞

バンコクの道は行き止まりの道が多く渋滞が頻繁に起きます。


ラッシュ時には歩いたほうが早いという状況なので車での移動はさけるべしです。


まとめ

こうしてみるとメリットデメリットありますが、トータル的には最高です。


他の国だとずっと住もうとは思いませんが、タイなら住んでもいいかなって思えますね。